FINESSENCE

COLUMN

梅が咲く

[ AROMA ] 2017.02.07

厳しい冬の終わりを告げる様に、梅の花が咲きます。

葉が出るよりも早く、白やピンクや紅い花。

 

『頑張ったね』と、話しかけたくなるのは私だけでしょうか?

 

寒さの休日とも思える、ふと訪れた日差しの中で、誰よりも一番に春を待ちわびていたように花は咲く。

気高くも優しく、控えめながらもその存在は人を魅了する。

 

花言葉は「高潔」「忠実」「忍耐」

それだけを聞いてしまうと、寒い冬の季節を耐え忍び乗り越えて

その場から立ち去る事もなく、春の訪れと共に花を咲かせているかの様で、

どこか悲しげに感じてしまうけれど。

丸みを帯びた花びらと、ほのかな香りから感じる春の日差しの温かさには、

小さな幸せを胸に、そっと微笑んでいる様にも感じられます。

746268ee23b150552056045ac7fd6630_s

 

東風吹かば 匂ひおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ 

 

菅原道真の有名な和歌。

<意味>春の東風が吹いたら、花を咲かせ匂いを起こしてくれ梅の花よ。

主人がいなくても、春咲くのを忘れるなよ。

 

なんとも切ない和歌ですね。

道真が大宰府へと移る際に、庭の梅の木へ詠ったと言われています。

 

自分がいなくなっても、春にはその花を咲かせ、その香りを届けておくれ。

 

春の訪れを、風の中の微かな梅の香りで知る。そして、そっと思い出を懐かしむ。

 

明日にはまた雪が降るかもしれないけれど、もう春はそこまで来ています。

皆さまの心にも、春の香りが届きますように。

 

<エッセンシャルオイル>
待ちきれない春を感じる香り
ローズゼラニウム2+オレンジスウィート4+レモングラス1

<アロマスプレー>
花粉の季節のルームスプレー
フレッシュネス

<KANNA YAMAMOTO>